お知らせ

【供養のすすめ】間もなくお彼岸です。でも、この猛暑。

2018.08.31

暑さ寒さも彼岸まで?

暑さ寒さも彼岸までという言葉通り、日々の生活に関わりを持ちながら、春と秋のお彼岸を迎えてまいりました。

春あは彼岸が近くなりますと寒さももう少しの辛抱、そして桜がすぐそこにと待ち焦がれ、秋の彼岸が近づけば寒さももう少しの辛抱と生活に近い仏教行事です。

ですが、8月ももう終わりのこの時期、秋のお彼岸がすぐそこなのにこの暑さ。

毎朝起きて眩しい太陽を見ますと少し恨めしいです。

さて、春、秋のお彼岸はお盆と同様にご自身方にとって大事な故人、ご先祖様のお供養を致す時期です。

蓮華堂、絆縁堂(水子供養のお堂)の皆さんにとっては亡くなられたお子さん方の供養の大事な時期です。

お墓へお参りの皆さんには大事な故人、ご先祖様に自分が今日あるは大事な故人、ご先祖様のお蔭にての感謝を表現する時期です。

水子供養へお越しの皆さんは亡きお子さんの良き転生を願い、家族の安寧をお祈り致す時期です。

そして、よく使われる言葉、追善供養。

当院でも水子追善供養(釘掛け水子供養)と申し、多くの皆さん、若い皆さんとご縁を頂いております。

追善とは亡くなられた方々に対して後から追いかけて、この世に残っている私たちが集まり、仏事を営み、そしてお亡くなりの方々が出来なかった足りない分を補う善根功徳を積むことを言います。

供養とはお香、お花、お水、御燈明、御膳(ごはん)等を蓮華堂、お家の仏壇、お墓へお供え致し、願わくば僧侶の読経を受けることから始まります。

これを積極的に実践しましょうという時期が彼岸かと存じます。

そして、ある意味私たち自身の修行の時期でもあります。

人間の持つ悪業の無い世界が彼岸です。

この彼岸の1週間の間先ほどにあげた供養を始めと致し、様々な追善供養を積むことでご先祖、亡きお子さん方が理想の世界へ生まれ変わり、そして、この世に残っている私たちをお守りくださいと願い、実践する1週間です。

そして、この世(此岸)から理想世界の彼岸への到達目指したく思います。

中々、追善供養を積むと言ってもつかみ処が無いかもしれませんが先ずはお墓参り、お堂参りから始めて頂きたく存じます。

蓮華堂、絆縁堂(水子供養のお堂)には多くの亡くなられたお子さんをお守りして下さるお地蔵さんが沢山奉納されています。

供養は心の問題、自分の心のなかでお参りすることが大事で形は関係無いとの言葉もあります。

が、先の追善供養、お墓参りも含めご自身方の地蔵尊へのお参り、形もとても大事なことと考えます。

若い皆さんが当たり前にご自身のお地蔵さんを奉納なされ、当たり前にお参りなさるその景色をこれからも大切にと願っております。

そして、僧侶の読経さえも受くることを当たり前に関わって頂けましたら幸いです。合掌