お知らせ

【住職 徒然記】禅の言葉、莫妄想(まくもうぞう)

2019.02.08

禅の言葉、莫妄想(まくもうぞう)

水子供養へおこしの皆さんは失われた小さい命への追慕にてお供養に来られます。

少ないですが、たまに災いが起こるのはお供養が足りぬからとの気持ちにてお越しのお方様もまれにおられます。

お気持ちはよく解りますが、お亡くなりの故人は災いを起こすことはありません。

只、何かにつけ悪い想像を致してしまうことは私も御座います。

起こってもいないことを心配致し鬱々(うつうつ)と悩んでしまう。

こんな時、この禅の言葉、莫妄想(まくもうぞう)を思い起こしていただければ良いかもしれません。

妄想(もうぞう)はつまらない雑念や間違った想念のことです。

それらの雑念を全部捨ててしまえという意味です。

さすれば、苦しんだり、悩んだりすることはないぞということを言っています。

雑念にとらわれないようにするには今、やるべきことに集中すること、一つことに集中なされば

妄想を抱く暇もなくなります。

噛みしめて頂きたい禅の言葉です。

さて、明日から強烈な寒波のようです、これを書いている今もぐんぐん冷えてきています。

十分な寒さ対策をご用意下さい。合掌