お知らせ

【住職 徒然記】魚行水濁鳥飛毛落

2020.06.06

魚行水濁鳥飛毛落(うおゆけばみずにごり、とりとべばけおつ)

魚が泳げば水底の砂が浮かび水が濁り、鳥が羽ばたけばその羽が落ちる。

その痕跡は意識しないだけで確実に残って行きます。

水子供養へ起こしの若い皆さんは今が一番に目標へ向かいチャレンジの時と存じます。

その痕跡は残ります。

努力はきっと報われます。

そしてお供養も誰も気づきませんが自分の身にもなっています。

そして、上手く嘘やごまかしを致しても痕跡は残ります。

良きことも、悪きこともこの身へ帰ってきます。

心を引き締め、きちんと生きる日々をお互いに送りたいものです。合掌